瑞興寺の沿革

創建

瑞興寺文献書
天文年間(1532〜1554)
僧明願が一宇の道場を三十歩神社の辺りに建立しました。天文年間とは、種子島に鉄砲伝来信玄・謙信の川中島の戦いがあった室町幕府(〜1570)の末期
天正年間(1573〜92)
瑞興寺は石山合戦で信長と戦った顕如により、 天正年間(1573〜92)に本尊(木造佛)寺号の許しを得ています。
1570〜1580
石山合戦が続いた(10年間)これは今の大阪城のところにあった石山本願寺に居を構えた顕如(けんにょ)と信長(のぶなが)の戦い
1580
本願寺の敗北で講和が結ばれました。

移転

瑞興寺前進
慶長6年(1601)
圓周坊信慶が現在の地(大阪市平野区市町3丁目)に 市町惣道場(そうどうじょう)として移築しました。
1600
関ヶ原の戦い
1602
京都東本願寺建つ(東西本願寺分裂)
1603
家康 江戸幕府を開く

御影・真影

繪像
本堂の内陣の右側の親鸞聖人、北側の余間の七高僧、聖徳太子の掛け軸には、元和(げんな)3年(1617)の裏書きがあります。
内陣左側の蓮如上人は寛永16年(1639)のものです。
本尊
木造の阿彌陀如来立像は玉眼、漆箔像で16世紀の制作と考えられます。
名号
北側余間の中央の六字名号(南無阿彌陀佛)は蓮如上人(1415〜1499)御筆との記録があります。
・親鸞聖人繪伝は正徳3年(1713)の作です。
1610頃
角倉(平野の豪商)全国に舟路を開く
1614
大坂冬の陣
1615
大坂夏の陣(豊臣氏滅ぶ)

瑞興寺住職 紹介

住職紹介・略歴
1952年1月10日
大阪 西道頓堀で材木商の長男として生まれ、東大阪、布施で育つ。
学生時代
教育大付属平野中、府立天王寺高校を経て京都大学法学部卒。
中学で陸上部、ブラスバンド部、高校、大学とラグビー部で主将。 ポジションはバックス、主にスタンドオフ。 丸紅東京本社に6年半勤務。その間、瑞興寺の長女と結婚
1981年4月
京都大谷専修学院に入学、そこで親鸞に出遇う。得度を受け僧侶となる。
1982年3月
学院卒業、瑞興寺にて僧職につく。
同年より
東本願寺 修練道場スタッフを勤める。
1992年12月
大阪ミナミに坊主バーを開く
1996年2月〜
瑞興寺住職
 
同年4月〜
真宗大谷派大阪教区会議員
2001年9月〜
真宗大谷派宗議会議員
  
                         写真は住職、インドにて撮影
Copyright © 真宗大谷派瑞興寺  このサイトの著作権は真宗大谷派瑞興寺に帰するものです。無断転用転載禁止。  ご連絡E-mailは コチラまで